ひのきを使った木の学習机「ハミング」

 

ブログ

お知らせ

保育園へおあつらえ

category:
ブログ, 家具アルバム
date:
2019.10.04

秋らしい気候になってきましたねぇ、こんばんは林です!

 

今日は市内の保育園、川崎愛児園さんにおもちゃを収納する棚を納品してきました。

 

おもちゃ棚とひとくちに言っても、かなりのビッグサイズ。

 

子供たちみんなの過ごす部屋前の廊下に置く、横幅2m40cmの大きなおもちゃ棚です!

園庭で遊んでいる子ども達の横を、大きな家具が通ります。

 

「なに?なにもってきたん?」

「木ぃや!」

「あそこにトカゲおるで!ぼくが見つけたん!」

「これ、見てみて〜!」←手にはなぜか栗。笑笑

 

大歓迎(?)の中、設置します。

みんな新しいおもちゃ棚に興味深々〜。

(↑before)

写真のような大きなおもちゃの入ったカゴが廊下にたくさん置かれていたのですが、カゴのサイズに合わせて棚を作りました。

 

長い廊下の左右どこに移動してもいいようにしたいというご要望でしたが園の廊下は真壁で、ほんの少しの柱の出っぱりがあり市販の家具だと壁にぴったり収まらないので、それをかわせるように天板の背面側に切り欠きをしています。

 

「やっぱりあつらえはいいよなぁ〜!」と園長先生からも嬉しいお言葉をいただきました。

 

3歳児クラスさんが使っている午睡用のお布団もぴったり!


今までは床に近い高さにお布団を畳んであったので、腰を曲げないだけでも負担が違うそうです。よかった(^^)

 

「おもちゃカゴをわざわざ出して、この中に入って遊ぶだろうなぁ(^^)と、先生方は予想。

そんな可愛らしい姿も微笑ましいです。遊んでるところも見てみたいなぁ。

 

最近では何でもネットでポチッとすれば手に入る世の中。なかなか物を「あつらえる」ことはなくなってきましたが、自分の好きな、必要なサイズで作れるのがオーダーのいいところです。

 

一般のご家族以外のこのような保育施設のオーダー家具も承りますので、ぜひご相談くださいね。

 

川崎愛児園の皆様、ありがとうございました!

木のこモニター Yちゃんのベスポジ

category:
ブログ, 学習机木のこモニター
date:
2019.08.29

朝晩涼しくなってきましたねぇ、林です。

そうそう、前回の木のこモニターブログで

Yちゃん宅が置いた机の場所がYちゃん家族にとってとても良かった点ですが、

(モニターブログはこちらをクリック↓↓↓)

お届け編

夏休み荷物持ち帰り編

Yちゃん宅はざっくりこのような間取りになっていまして、

今まで宿題をしていたリビングでは

●やりっぱなしで遊びに行ってしまうとママはプチイラ(笑)

(かーたーづーけーなさーい!)

 

●宿題が夕飯の時間にさしかかると途中で片付けさせることになってしまう

(せっかく集中してるのに途中で辞めさせるのもなんだかなぁ)

 

などの本当にささいなママのお悩みがありましたが(これ、あるあるだと思う)

 

リビングと2階の自室とのちょうど中間に机があることによって解消され、Yちゃんもママの気配を感じながら以前より集中して勉強しているとのことでした。

 

 

 

Yちゃんは学習机と反対側に習い事のバックや好きなものを集めたスペースが設けてあります。

学習机は学習に関係するものだけを置く、これが学習空間作りにはとても大切です!

 

夏が終わり、秋から冬にかけては学習机のご相談がとても多くなります。

 

学習机は買ったらいい、買ったら子供が勉強する、とついつい思いがちです。

なんでか、親ってそういうもの?笑

私は当初そんな感覚でした。

私たちも「売ったら使わなくてもよし」な売り方はしたくないと思っています。

できれば使い倒していただきたい。

勉強だけでなくても、いろんなことをして過ごすお気に入りのスペースであってほしいと思っています。

 

どこにあったらその子にとっていいか?

そもそも机を欲しがっているか?

などをまずは親子で話してみてくださいね。

木のこモニター 夏休みのお持ち帰り品

category:
ブログ, 学習机, 学習机木のこモニター
date:
2019.08.25

長かった夏休みももうすぐ終わりますねぇ。林です!

我が家の次女は最後の宿題のポスターを仕上げて自画自讃してましたわ〜

 

本当は夏休みの始めに紹介するべき内容なんですが(汗)

 

オリジナル学習机木のこの【噂のうしろの部分】の使い方についてです!

(誰かきっと噂をしているはず…)

 

整理収納アドバイザーの須藤さんと考えたこのスペース。

何を入れてもいいフレキシブルな空間なのですが、おすすめの使用例がこちら!

モニター中のYちゃんにもいろいろ試してもらいました。

 

[利用方法その①]

夏休み中持ち帰ってきたものを収納

小学生保護者あるあるとして、これらをどこに置いておくか問題があります。

普段家に住所がないものが大量に増えるのは散らかる原因なんですよね。

そんな時はここへ!

小学5年生のYちゃんの持ち帰り品は

こんな感じです。

結構ぎゅうぎゅうです。

 

低学年だともう少し余裕あるかなと思いきや、代わりに算数セットがあるからボリュームは同じかもしれませんね。

 

この他のものは今は余裕があるキャビネットの下の引き出しにも入ってます。

 

ちなみに妹ちゃんのピアニカも試してくれました。

内側に少しはみ出すけどこんな感じ。

 

さすがにこの机の引き出しは入らないので、きれいに掃除したら別の場所に保管してあげましょう。

 

(うちの子たちの学校もこの引き出しタイプでした。これ、びっくりするくらい汚れてるんですよねぇ!笑)

 

持ち帰り品がまとまっていると、絵の具の補充や名前の書き足しなどをする時も楽ですねー。

 

[利用方法その②]

時期が前後しましたが

期間限定プールバック置場

多分1年のうちほんの1カ月くらいしか使わないものなんだけど、忘れるとプール入れないという黒歴史に…

洗濯が済んでタオルや水着などを入れたら、プールバックはここへ。

 

あっ、忘れた!となっても子ども自身が置き場所を把握していると、すぐに持っていくことができます。

 

なぞの、いや【噂のうしろの部分】はこんな風に使ってみてください。

 

教科書との間の仕切りは外すことができるので、将来的にはこんなファイルボックスも入れることができます。

(特別出演:無印良品さま)

長く永く使える机です。

木のこモニター Yちゃん家にお届け

category:
ブログ, 学習机, 学習机木のこモニター
date:
2019.08.07

オリジナル学習机「木のこ」のモニターをお願いしたYちゃんのお母さまから、たくさんの写真をいただいてますので林がレポートします。

今年は梅雨が長かったですねぇ。

そんな梅雨空の。雨がやんでいる合間を縫ってお届けしてきました。

 

Yちゃんは2階に自分の部屋がありますが、今までもっぱらリビングで宿題をしていたということで、ご両親の考えで机はひとまずリビング隣の和室に。

この「ひとまず和室」がのちにYちゃんにとってはとてもよい環境となります。

 

机もセッティングして、Yちゃんご満悦!

1週間ほど経ち、机に鉛筆の汚れがつくのが気になるということで、デスクマットを購入いただきました。

 

私たちが店舗でご提案するデスクマットは環境負荷の少ない「再生オレフィン製」。

オプションとしてご用意しています。

 

低学年の時は宿題がプリントが多く、それかま裏表両プリントだと机がすごく汚れるのでおすすめしています。

 

Yちゃんは5年生なのでそれほど必要ないかな?とも思っていたのですが、やはりデスクマットは年齢にかかわらずにおすすめした方がよいということがわかりました。

机が汚れるのが気になってしまうなら、デスクマットを敷いて思いっきり使ってもらいたいです!

 

もちろん小さな傷はたくさんつきますが、木のいいところは長い時間かけて味わいに変わってくるところ。なのでそれほど気にせずにガッツリ楽しく勉強したり、好きなことをして過ごしてくださいねー。

 

いきなり自室に置かずに和室に置いた効果はYちゃんだけでなく、お母さんのプチストレスも解消したようです。

ストレスなんてオーバーな言い方ですが、ホントに「プチ」が解消されるだけでも

私たちおかん、楽なんですよね。笑笑

そのことはまた次回紹介していきますね。

木のこだよ②学習机はどの部屋に置きますか?

category:
ブログ
date:
2019.07.13

店舗スタッフ林です!

前回に引き続きテーマは学習机です。

お子さんんがいるご家庭のみなさん、学習机はどのお部屋に置きますか?


学習机といえば子供部屋にあるもの、というのが少し前まで当たり前のイメージでしたが、最近では「リビング学習」なんていう言葉ができています。

しばらく前に「リビングで勉強し続けて、東大に現役合格‼️」なんて記事が雑誌に載ったことにより注目されたこの言葉。

我が家の長女が当時小学生で、「へーーーーーーーー!」と思ったものですが、その後時は過ぎ、長女はずっとリビング学習してましたが

めでたく普通の大学生になりました。笑 

ちなみにコレは我が家の次女(当時小4くらい。リビングで宿題中)

もちろんリビング学習が急に天才を生み出すわけではなく、メリットやデメリットもあるのはみなさんご周知の通り。

程よく人の気配と音がしている中で勉強すると集中力がつくと言われるメリットと、

逆に他ごとに気がとられるというデメリット。同じ環境でメリットとデメリットは同居しているみたいです。

ノッティーハウスリビングのお店でたくさんの方とお話していると机を買った買わなかったにかかわらず、低学年のうちはリビング(ダイニングテーブル)で宿題をしているパターンが多いですね。

低学年のうちはそれで十分かと思います!

(お受験とかをご検討の方はさておきです)

宿題はちゃんとやっているか?

内容についていけてるんだろうか?

おかしな書き順してないかな?

やった宿題、ちゃんとランドセルにしまったかしら?

家の人に渡すプリントあるんじゃない?

などなど。。。

低学年のうちはそれなりにお世話が必要ですしねー。

これが、4年生を過ぎた頃から自分だけの空間を好む子も増えてきます。

成長の証なんですかね。

この時に机を2階の子供部屋に!と考えるかもしれませんが、ちょっとだけ待ったー!

すんなり自分の部屋で勉強できる子もいますが、急に静かすぎる閉ざされた空間にひとりぼっちになるとかえって集中できないという子もいるみたいです。

なのでここはじっくりとお子さんと話をしてみてください。

机を移動させるのも一苦労ですし、せっかく移動したのにお子さんが勉強しないんじゃ、親もまたガックリですしね。

リビングから少し離れた場所、たとえばリビング続きの和室や

同じ階の違う部屋などに学習スペースを移してみるのも1つの手です。

いきなり違う階に一人になるより、中間地点で様子を見てみてもいいかもしれません。

いずれにしても、お子さんの性格も十人十色。

どの空間にいる時が一番集中しているかを観察してみたり、直接お子さんに聞いてみるのもいいと思います。

年齢やお子さんの気持ちの変化に合わせて、場所の移動は全然アリですよね。

 

ご来店予約はこちらご来店予約はこちら

Pagetop